レンタルサーバーの選び方完全ガイド

2011年04月09日

SSLとは?SSLって?

SSL
httpというURLが通常のURLですが、まれにhttpsからはじまるURLを見ることがあります。このhttpsのURLがSSL対応したページになります。通信を暗号化し、運営者の情報を確認することができます。ショッピングカートや、メールフォームなど、重要な個人情報を入力する際には、このSSLを使って暗号化しておく必要があります。SSLの機能はデフォルトで使用できるところは少ないですが、まれに共有SSLを提供しているサーバー屋さんがあります。ネットショップを解説したい人はこういったSSL対応のサーバーを利用することをオススメ致します。自分で独自のSSLを使用することが出来ますが、ベリサイン・ジオトラストなど有名どころのSSLは約年間5万円〜10万円もかかってしまうので、サーバーで利用できる共有SSLがあればありがたいですね。ブラウザの右下にある鍵マークがあるとないとで、ネットショップの成約率に大きな差があるというデータを見たことがあります。クレジットカードなど、個人情報の中でもさらに気をつけておかないといけない情報を扱う場合には、必ずSSLは利用するようにして下さい。
posted by server at 22:00| SSL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
42.195GBの大容量レンタルサーバーがなんと月額1,500円[heteml]
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。